【次の為替介入の日は!?】2024年5月2日(木)FX相場レポート|霧島流FXトレード術

目次

XAUUSD(ゴールド)

ファンダメンタルによる考察

金価格は、FRB(米連邦準備制度理事会)の意見が影響し、上昇しています。

FRBは利上げの縮小ペースを鈍らせることを示唆しましたが、インフレ率が2%の目標に到達するまで利上げを検討しないとの慎重なアプローチを示しています。

しかし、今後は年末に利下げが行われる可能性も示唆されています。

テクニカルによる考察

XAUUSDの価格は一時的に前の下降のラインを下回りましたが、$2,300まで回復しました。

現在は$2,300〜$2,350のレンジで取引が行われています。もし上昇の勢いが続けば、$2,350を再度テストする可能性があります。

そして、$2,350を上抜けると、$2,400への上昇が見込まれます。

逆に、$2,350以上を保てない場合は、価格は持ち合いの状態になるかもしれません。

トレードの方向性

トレードなし(レンジ)

第1レジスタンスライン

2350

第2レジスタンスライン

2400

終値

2324

第1サポートライン

2300

第2サポートライン

2250

EURUSD(ユーロドル)

ファンダメンタルによる考察

上記の内容は、ユーロが始めはレンジで推移していましたが、FOMC会合の結果発表後にボラティリティが高まったことを示しています。

量的引き締めのペースが鈍化され、タカ派的なセンチメントがありつつも、ハト派的な対応も見られました。

その結果、ユーロは終値を上げることとなりました。

テクニカルによる考察

EURUSDは1.0715ドルまで反発し、上昇チャネル内に戻りました。

現在のサポートが維持されれば、1.0750ドルのレジスタンスに到達し、1.0800ドル付近まで上昇する可能性があります。

しかし、EMA21を下回り、さらに1.0690ドルに落ち込むと、価格は急速に1.0600ドルまで下落する恐れがあります。

トレードの方向性

売り(ダウントレンド)

第1レジスタンスライン

1.0750

第2レジスタンスライン

1.0800

終値

1.0715

第1サポートライン

1.0690

第2サポートライン

1.0600

GBPUSD(ポンドドル)

ファンダメンタルによる考察

FRBの発表を受けて、ポンドがドルに対して強くなりました。

4月のイギリス製造業PMI確定値が前回よりも下がり、新規製造業受注も鈍化しました。

これにより、イギリス経済の減速が懸念され、イギリス銀行(BoE)が利下げを行う可能性があります。

そのため、ポンドは弱い状態が続くと予想されます。

テクニカルによる考察

FRBの発表を受けて、ポンドがドルに対して強くなりました。

4月のイギリス製造業PMI確定値が前回よりも下がり、新規製造業受注も鈍化しました。

これにより、イギリス経済の減速が懸念され、イギリス銀行(BoE)が利下げを行う可能性があります。

そのため、ポンドは弱い状態が続くと予想されます。

トレードの方向性

売り(ダウントレンド)

第1レジスタンスライン

1.2600

第2レジスタンスライン

1.2670

終値

1.2530

第1サポートライン

1.2440

第2サポートライン

1.2300

USDJPY(ドル円)

ファンダメンタルによる考察

日本円の為替相場は、最初は157〜158円で動いていましたが、その後153円付近まで下落しました。

神田真人財務官はコメントを控えていますが、市場ではさらなる為替介入の可能性が示唆されています。

しかし、それにもかかわらず日本円は今朝156円付近まで上昇しました。

介入が日本円の短期的なポジションにとって主なリスクとなっています。

テクニカルによる考察

USDJPYは152.90をテストした後、急速に上昇しました。

154.80のサポートが維持される場合、さらなる上昇が見込まれます。

一方、上昇トレンドラインと154.80のサポートが下抜けると、152.90を再度テストする可能性があります。

トレードの方向性

買い(アップトレンド)

第1レジスタンスライン

159.80

第2レジスタンスライン

161.20

終値

155.86

第1サポートライン

154.80

第2サポートライン

152.90

BTCUSD(ビットコイン)

ファンダメンタルによる考察

先導された形で、FBTCとARKBという2つのETFが資金を引き出し、ビットコインの保有者は増え続けています。

これにより、需要が減少し、価格が下落する可能性が高まっています。

現在、市場のセンチメントは弱気傾向となっています。

テクニカルによる考察

BTCUSDの価格が下げトレンドにあります。

現在は$53,000付近の値段で取引されており、さらに下がる可能性があります。

ただし、RSI指標には強気のダイバージェンスが見られ、価格が反転する可能性もあります。

もし反転しなかった場合、サポートゾーンの$53,000〜$55,000まで下落する可能性があります。

一方で、$59,000〜$60,000の価格帯を上抜けすれば、$63,000の価格まで戻る可能性もあります。

トレードの方向性

売り(ダウントレンド)

第1レジスタンスライン

59000

第2レジスタンスライン

63000

終値

57630

第1サポートライン

55000

第2サポートライン

53000

この記事で使用しているおすすめFX口座

レポートで使っている口座はこちらの口座です。

あわせて読みたい
【画像でわかりやすく】Exness(エクスネス)リアル口座開設方法|海外FX口座開設 STEPFX会社「Exness」にアクセス まずは下記のURLからExnessにアクセスします。 https://one.exness-track.com/a/3dhogt41pf STEP口座開設 ページ右上にある、口座開設...

上記以外の他社口座の場合、ローソク足の本数・形がかわるため、当レポートに記載のファンダメンタル、テクニカルが通用いたしませんのでご注意ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

世界中のプロトレーダー・金融ストラテジストを AIに集約

高的中率のFX相場分析

AI Trade method

無 料 公 開 中

世界中のプロトレーダー

金融市場ストラテジストをAIに集約

あなたは今までFXで勝てていますか?

どんな優秀な自動売買やツールを使っても、9割以上が負けてしまう世界で

生き残り、稼いでいくための本当の道筋はここでしか手に入りません。

霧島流AIトレード術は・・・
  • 世界中のトレーダー・ストラテジストをAIに
  • トレード勝率が上昇する
  • 負けトレーダーから脱却できる
  • 自力の裁量トレードで稼ぐ力がつく

再現性の高い相場分析とトレード

FX初心者の方はもちろん、これまで様々なツールやFX自動売買(EA)を駆使して勝てなかった方でも、一切のツールを使用することなく、再現性の高いFXトレード手法を得ることができます。

利益を100%保証するものではありませんが、現状この手法を用いた方の多くが完全自力でトレード収益を上げています。

少額1万円からでもOK/利益も自由に出金可能

霧島流FX相場レポート概要

  • 毎週3日程度の独自相場分析とトレードの方向性を配信
  • 対応プラットフォーム:Meta Trader 4 / Meta Trader 5 / その他各証券会社独自ソフト対応
  • 対応通貨ペア:EURUSD/GBPUSD/EURJPY/USDJPYなど
  • トレードタイプ:スキャルピング~デイトレード

相場が面白くなる

プロトレーダー独自の相場分析とトレードの方向性を無料で知ることができ、毎日の相場とトレードが面白いようにわかります。

利益もご自身のタイミングで自由に行うことができ、真に理想のFXトレードで生活を送ることができます。

信頼と安心のサポート

レポート作成

  • 相場歴7年
  • プロトレーダー
  • 専業トレーダー

安心サポート

  • LINEサポート
  • メールサポート

成績

  • 日給1万円~
  • 月給355万円(過去実績)
  • 勝率99%超え

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次