【初心者向け】FX自動売買(EA)の仕組み・使い方・必要なもの・費用をわかりやすく紹介|MT4・MT5【完全保存版】

この記事では、FX自動売買を動かすために必要なもの、どのようにして利益をあげるのか、詳しい使い方などについて説明しています。

FX自動売買は、EAと呼ばれ、それはExpert Advisorの略称です。

しばっち

FX自動売買(EA)は何が必要?
どんな仕組みで利益が上がるの?
メリットやデメリットは?
裁量トレードよりも稼げるの?

このような疑問にお答えできる記事になっています。

そしてこの記事を見て、学んで、どんなメリットがあるかというと・・・

この記事を読むメリット
  • FX自動売買(EA)を動かすために必要なものがわかる
  • FX自動売買(EA)の仕組みがわかる
  • FX自動売買(EA)のメリット・デメリットがわかる
  • 裁量トレードとの違いがわかる

これだけのメリットがあるので、是非最後まで読んでいただきたいです。

目次

そもそもFX自動売買(EA)って何?

EAは、人が手動で行っている裁量トレードをプログラムにしたものです。

EAは、「明確なルールが決まった裁量トレード手法」に限り、EAにすることができます。

プロトレーダーや専業トレーダーはよく、「ルールを守ったトレードが必要」ということなどからも、プロトレーダーや専業トレーダーのトレードもEAにすることが可能です。

ルールのない適当トレードやギャンブルトレードはEAにすることができません。

裁量トレードをどのようにプログラムにするかというと、MetaEditorというソフトを使って、トレード手法をコードとして書いていきます。

こちらの画面が、実際に裁量トレード手法をプログラムで書いている画面です↓↓

EAはプログラムの知識がないと書くことができません。

そのため、EA開発者と呼ばれる専門技術をもった人が、自分のトレード手法だけではなく、依頼されたトレード手法をEAにしています。

EAは、有料で販売されているものから無料で配布されているものがあります。

FX自動売買(EA)を動かすために必要なもの

EAを動かすためには、いくつか必要なものがあります。

  • 証拠金
  • パソコン
  • VPS
  • MT4もしくはMT5対応のFX口座
  • MT4もしくはMT5
  • EA本体

この6つが必要になります。それぞれ具体的に説明いたします。

証拠金

FX取引を始めるには、資金がないとトレードすることができません。

EAは、証拠金が最低1万円~スタートすることが可能です。

証拠金が少ないからといって、必ずしもリスクが高くなるわけではありません。

証拠金が少なくても、EA本体の取引量を増減することで、リスクを小さくしたり大きくしたりすることができます。

証拠金は、クレジットカードや銀行振込などで、FX口座に振り込むことができます。

FX口座(MT4/MT5対応のもの)

EA本体を動かすためには、MetaTrader4(MT4)またはMetaTrader5(MT5)対応のFX口座が必要です。

FX会社によっては、どちらも対応していないこともあるので、事前に対応したFX口座の開設が必要です。

MT4とMT5の両方に対応している、おすすめのFX口座はこちら↓↓

あわせて読みたい
HFM(エイチエフエム)のメリット・デメリット・詳細情報・口座開設 HFM 口座開設はこちら https://shibachan-ea.com/2023/08/08/hfm_real_account/ https://shibachan-ea.com/2023/08/11/xm-vs-hfm/ 【HFM(HFM)について】 HFMは世界中...

パソコン

EAの設定や分析をするために、パソコンが必要です。

ノートパソコン、デスクトップパソコンどちらでも構いません。また、高性能である必要はありません。

既にパソコンをもっている方は、それを使えばOKです。

VPS

EAを安定して動かすには、24時間365日電源が入りっぱなしのパソコンが必要です。

そこで、VPSというものを使います。

VPSは、サーバー会社にある高耐久のパソコンで、24時間365日安定して稼働している上に、停電しない仕組みをもっています。

VPSは、月額3,000円ほどでレンタルすることができます。

家庭用のパソコンを電源を入れっぱなしにしてEAを動かすこともできるのですが、パソコン本体の故障リスクが極端に高くなることや、電気代が高くなること、さらに停電時にEAにトラブルが発生してしまう恐れがあります。

純国産で安定性に優れるおすすめのレンタルVPSはこちら↓↓

ABLENET®

MT4もしくはMT5

EA本体を設定するソフトウェアです。MetaTraderと呼ばれるソフトウェアに、EA本体を入れてあげると、EAが動き始めます。

EAによって、稼働できるプラットフォームが異なります。

EA本体

FX自動売買本体で、自動的に取引するプログラムが組み込まれています。

これをMetaTraderというソフトに入れることで、自動的にFX取引をしてくれます。

EA本体のファイルが、ex4という拡張子のファイル形式であればMT4に対応、ex5という拡張子のファイル形式であればMT5に対応しています。

ex4をMT5で稼働したり、ex5をMT4で稼働することはできません。

FX自動売買(EA)が自動取引する仕組み

EA本体がMT4対応のex4ファイルの場合は下記の手順で自動取引が開始します。

  1. 自分のパソコンからVPSに接続する
  2. MT4をVPS内にインストールする
  3. MT4でFX口座にログインする
  4. 自分のパソコンからEA本体をVPSに移動する
  5. MT4にEA本体をインストールする

EA本体がMT5対応のex5ファイルの場合はVPS内にMT5をインストールします。

仕組みを画像でわかりやすくしたものがこちらです↓↓

実際にEAが動いて取引している様子

こちらで、実際にEAが自動取引している様子を見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=qP8akAHVR7M
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次